資産運用で潤う家計|太陽光発電投資で安定した収益をゲット

スーツ

目的が明確ならば必要経費

一軒家

家賃にプラスアルファ

マンションを購入したり賃貸する場合に意外と見落としがちなのがマンション管理費です。名目は様々ですが、家賃にプラスアルファして請求される金額であるため、家賃同様の出費になると考えて間違いありません。賃貸であれば毎月の賃料にプラスして支払うものです。分譲マンションであれば、購入費用とは別に毎月管理費用を収める必要があります。管理費用はマンションを維持するために必要な経費として同じマンションに住む住民から均等に徴収するものである。おおよそ家賃に比例していますので広い間取りや高層階であればその家賃に比例して高くなります。管理費用は購入費用や賃料とは別の表記をされることが多いため、表記に惑わされないようにする必要があります。

利用目的を明確にしておく

管理費の相場は家賃の1割程度です。しかしその費用の中に何が含まれているのかを把握しておく必要があります。マンションの建物は定期的にメンテナンスする必要があり、そのための費用を管理費から積み立てる必要があります。そのメンテナンスの期間が短いほど相場は高くなります。しかしその価格は決して高いものではなく特に分譲マンションなど長く住むことを目的としている場合、定期的な補修作業は寿命を延ばすことにもつながるため重要になります。したがって、賃貸のように管理費用が高い安いと相場観だけで判断するのではなく、管理費用を何に使用するのか明確に把握しておくことで意味合いが変わってきます。相場だけでは判断できないところが難しいので、判断に悩む場合は、不動産管理のプロに相談してみるのも良いでしょう。